学校の沿革

   

 昭和48.12. 7 東京都立足立高等学校上沼田分校として設立許可。

      12.18

東京都立三田高等学校教頭 加藤道理が開設担当を命ぜられる。
      12.19 東京都立足立高等学校内に開設事務所を置く。
 昭和49.  4.  1

東京都立足立西高等学校と改称し独立。

加藤道理初代校長となる。

      4.  9 第1回入学式を挙行する。4学級編成 男子92名 女子93名。
      4.10 東京都立深川商業高等学校内仮校舎で授業を開始する。
      11.27 生徒会結成。
 昭和50.  7.10 第1期工事完成。(普通教室18 特別教室〈生物、化学〉 体育館
      7.16 足立区上沼田町1380番地の本校舎に移る。
      10.31 第2期工事完成。(特別教室及び管理室)
 昭和51.  4.14 第3期工事完成。(格技場)
      10.  1 本校所在地「東京都足立区江北5-7-1」に地番変更。
      12.  1 開校記念式典挙行
 昭和52.  1.20 グラウンド工事完成。
        3.16 第1回卒業式を挙行する。男子89名 女子92名。
      4.30 最終工事完成。(テニスコート、裏門)
 昭和53.  4.10 第5回入学式挙行。各学年6学級編成完成。
 昭和54.  4.  1 加藤道理校長が都立江戸川高等学校長に転補され、大畑正一(都立広尾高等学校教頭)が本校校長に補される。
 昭和57.  4.  1 大畑正一校長が都立東村山高等学校長に転補され、尾科 實(都立教育研究所科学研究部長)が本校校長に補される。
 昭和58.11.  1 創立10周年記念式典挙行。
 昭和61.  4.  1 尾科 實校長が退職し、本田洋三(都立新宿高等学校教頭)が本校校長に補される。
       12.22 第2グラウンド工事完成。
 平成  2.  4.  1 本田洋三校長が退職し、堀内康宏(都立城北高等学校長)が本校校長に補される。
 平成  5.  4.  1 堀内康宏校長が退職し、阿久津巖(都立九段高等学校教頭)が本校校長に補される。
 平成  5.11.  6 創立20周年記念式典挙行。
 平成  7.  2.15 大規模改修第一期(A工区)工事完成。
 平成  8.  4.  1 校服改訂 第1学年から着用。
 平成  8.  7.31 大規模改修第一期(B工区)工事完成。
 平成  8.  8.23 テニスコート改修・自転車置場工事完成。
 平成  8.12.27 大規模改修第二期(体育館その他)工事完成。
 平成  9.  3.31 大規模改修策二期(校庭その他)工事完成。
 平成10.  4.  1 阿久津巌校長が退職し、米沢晃(都立文京高等学校教頭)が本校校長に補される。
 平成13.  4.  1 米沢晃校長が都立城東高等学校長に転補され、湯淺友功(東京都公立学校長)が本校校長に補される。
 平成15.10.31 創立30周年記念式典挙行。
 平成17.  4.  1 湯淺友功校長が退職し、渡辺洋(都立赤坂高等学校長)が本校校長に補される。
 平成20.  4.  1 渡辺洋校長が都立広尾高等学校長に転補され、酒井定克(都立三田高等学校副校長)が本校校長に補される。
 平成23.  4.  1 酒井定克校長が退職し、小池幸彦(都立石神井高等学校長)が本校校長に補される。
 平成25.  4.  1

小池幸彦校長が退職し、宮川隆史(都立光丘高等学校副校長)が本校校長に補される。

都立高校学力スタンダード推進校に指定される。

都立高校OJT推進指定モデル校に指定される。

東京都部活動推進校に指定される。

東京都スポーツ教育推進校に指定される。

 平成25.11.  2 創立40周年記念式典。創立40周年記念誌発行。
 平成29.  4.  1 宮川隆史校長が退職し、加藤泰弘(東部学校経営支援センター支所経営支援室 統括学校経営支援主事)が本校校長に補される。
〒123-0872 東京都足立区江北5-7-1
電話 : 03-3898-7020 ファクシミリ : 03-3898-3690